勝てるハズの手法なのに最終的に負けるのはなぜ?

あなたは、自分オリジナルの勝てる手法をもっていますか?

考え抜いて、この手法なら絶対勝てるハズだ!と思って実際に実行に移してみたらなぜだか最終的にはマイナスになっていく。

これは私のパターンです。なぜこうなってしまうのでしょう?

スポンサーリンク

手仕舞い方に、負ける原因があるのかもしれない。

これまで幾つかの検証を元に買いのポイントを決めて、バーチャルではありますがトレード実験を数パターン行って、勝てる手法を探してみたのですが、今のところいずれも良い結果が得られていません。(日経平均が2万円代を突破したというのに…)

試行錯誤して考えたいくつかの手法は、我ながらグッドアイディアだったと思うのですが…。

中には大きく利益を伸ばせる期間もあるのですが、トータルでは資金が減っていきます。

いずれの手法も、上手くいかないハズはないように思えるのですが、どうしてなんだ‼︎

だいたい、何も見ないで買っても、勝敗確率は五分五分になるハズなのに、いつしか資金が減っていきます。

株は最初から勝てないような仕組みになっているのか?

なんだか振り出しに戻った感のある私の脳ですが。

ちょっと、1から出直しのつもりで、負ける原因を考えてみましょう。

では行きます!

成り行きで買って、直ぐ成り行きで売れば、それだけで板の1ティック分+手数料が飛ぶのだから、スタートはマイナスから入っていると考える事も出来る。

対策

対策というよりここは、株式投資とはそういうものだ。という覚悟で臨むしかないという事か。

考えられるのは、やっぱり素早い損切りしかないのか。

信用買いでレバレッジをかけると、市場の全面安になった日に、大きく負けを食らってしまう。

対策

持ち越す株は保有資産額の範囲に抑える。

例)保有資産30万円で信用取引で60万円分の株を取り引きしていたら、勝っていても、後場引けで30万円分の株は返済する。

または、
市場が全面高の日は一旦、全株を売ってしまう。利食い千人力です。

しかしこれは専業でないと難しいですよね。

資金が少なくても信用取引でレバレッジを効かせてのトレードは、やらないほうがいいと思います。信用取引でも、手持ち資金の範囲内で止めておいたほうが無難です。

損切りのタイミングが遅すぎるのではないか?

当ブログのコンセプトは今まで、5日移動平均線の上に乗っていたローソク足が5日移動平均線の下に落下した時に手仕舞う。(5日線に乗った所で買い、5日線から降りた所で売る)としているのですが、これにも問題があるのか?

もしかしたら、ローソク足が5日線上に乗っている間に手仕舞う方が最終的には利益を伸ばしていけるのではないか?

と、考えてみたりします。

これらのリスク回避アイディアで、また検証したいと思います。

関連記事
株で失敗する人の割合はどれぐらい?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする