儲ける事より資産を如何に減らさないかを考えよう

株式投資は賭け事ではありません。

将来の生活の、下支えにする目的で投資をしているなら、投資資金の元本を株を取り引きする事によって減らしてしまう事は本末転倒であり、決してそうなってはいけない事なのです。

そんなこと、あなたはとっくに分かっていますよね。

でも、思ったようにはいかないのが人生と株。

スポンサーリンク

儲ける事より、減らさない事に最新の注意を払う

株式投資を始めて間もないうちに、かなりの割合で資産を減らしてしまう人が多いのが現状です。

株をやる目的は、資産を増やす、儲ける事なので、知識がないうちに頑張りすぎるのは、仕方ない面もあります。

しかし、本当は、注意を注ぐべきは如何に種銭を減らさないようにするかという事です。

初心者のうちは、取引を頑張るのではなく、株の仕組みを知る事を努力すべきなのです。

初心者の段階でうまく勝っていく人達もいます。

しかし、この幸運な人達には、自分の投資スタイルが正しいやり方だと「勘違い」が生じます。これも危ない。

相場が転換期を迎えた時、勘違いの度合いの分だけ大きく資産を減らしてしまいます。

この負ける体験は1度はしたほうがいいとは思います。

そこから這い上がっていく能力があるとするなら、這い上がってった位置からまた上を目指せる可能性を自分の中に見出せるのですから。

とはいえ、資産を大きく減らす経験は誰も、出来る事ならしたくないものです。

逆指値売りを有効活用する

負けの額を減らして、利益を伸ばしていくにはどうしたらいいのでしょう。

それは、ロスカットをなるべく早くする事ですが、人間の心は優柔不断です。

「さあ切るぞ、いや、もうちょっと待ったら上がるかも」「明日はきっと反発するはずだ」という心の声が頭を掠めます。

しかし、この感情を断ち切る事が重要です。無感情にバッサバッサと切っていける心を身につけましょう。

それには、例えば、証券会社などが主催するバーチャル株式投資ゲームなどに参加して、疑似体験し、早めの損切りの有用性を知る事と慣れる事も効果的です。

決められない心に打ち勝て

大きく資産を減らさない事に重点を置くなら極端な話、買い値より株価が下がったら、即売ってしまう。という方法もありです。

そして、陽線が出て、利益の出ている銘柄に対しては、売っても手数料分だけ利益の残る金額まで下がった値段に逆指値注文を入れておきます。

そうする事で上がった銘柄の下落で損をしてしまうという、心のダメージを少なくする事が出来ます。

そして、この大量の損切り作業に運良く?引っかからずに上昇気流に乗っていった銘柄が、数多くの損切りで失った細々としたマイナスを全て補っていく。

その中には株価が2倍、3倍、それ以上と伸びて行ってくれる銘柄があるかもしれません。

これが、逆指値、スピード損切りで利益を出していくシミュレーションですが、このような方法でも、相場全体が長い間下げている場合には、軒並み、損切りの嵐に会って、資産を減らしていくだけでしょう。

株で儲ける事は、本当に難しいのですね。永遠に勝ち続けている人の手法が知りたいものです。

関連記事
逆指値注文でロスカットする方法を使わない手はない

損切りが出来ないと株取り引きをしている意味がなくなってしまう

相場状況+タイミングが大事

どんな投資法も、やはり、相場の状況を把握し、株を買うタイミングを見極めないと、運だけでは、儲ける 事は難しいと思わせられます。

※売りから入れるのであれば、下げ相場を逆に有効活用できるので、試してみる価値はあると思います。

と、私自身に、切に言い聞かせてみるわけです。

関連記事
株で失敗する人の割合はどれぐらい?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする