5日移動平均線反転後翌日の信用売りは結果がでるか検証

ローソク足チャートが陽線になってグイッと上昇!

しかしその翌日は陰線になりやすいとでた!

ならば、そのタイミングで売りから入ればいいんじゃないか?

さて、どうなったかといえば…。

スポンサーリンク

陽線になる確率34%なら、信用売りから入れば良いんじゃないかと考えてみた

しばらく株価が下降していて、ローソク足が陽線で5日移動平均線より上に最初に位置した銘柄はその翌日、陽線になる確率が34%(任意の3カ月で)だったという検証結果(私調べ)に基づき、それならば、それに該当する銘柄をそのポイント(図参照)で信用売りしまくれば、利益がでるはずだ。という研究結果を立証すべく、『ケイゾン』さんのバーチャル株投資ゲーム『トレダビ』で実験してみた。

リアル投資ゲームで検証実験

この『トレダビ』という投資ゲーム、1千万円の元手からスタートするのだが、私、今回の実験を始める時点で負け続けていまして、900万円を切りそうなところから実験開始w

a7bf1491

確率統計も信じちゃいけないようです

結果から申しますと『大敗』でございます。

任意の3カ月の500銘柄による私の確率調査の34%より陽線の出る率が高くなってしまい、そして、ここが重要なのですが、その陽線になった銘柄のいくつかが爆上げしてしまうということ。この爆上げ銘柄が、陰線になっている銘柄の儲けを相殺、いや、上回ってしまいました。

この爆上げ銘柄を損切りする事が身を削られるようにつらく(バーチャルでこんなにキツイのだから実践ならどうなるでしょう)、「もしかしたら翌日、日経平均が大きく下げてくれるんではないかと、その日儲けの出た銘柄だけを手仕舞う。すると翌日、持ち越した含み損信用売り銘柄は益々上昇するという悪循環。

35747e6a

bf65743c

最初の予定では勝っても負けても当日全部手仕舞うはずが、それが出来ない。典型的な初心者のトレーダーの負け方になってしまいました。

評価損益約マイナス83万円。結局、1,6260人のゲーム参加者の中で、週間順位が後ろに100人いない状態になってしまいました。

このやり方の逆をやればいいのでしょうかねぇ。

ここで言える事は、

やっぱり初日に損が出た銘柄はその日に手仕舞え!

益が出た銘柄は持ち続けろ!

という事の様です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする